映画「ゆめはるか」

この記事では、2014年12月13日aに公開された映画の「ゆめはるか」をご紹介します。ゆめはるかは、 「ゆめのかよいじ」で人気の五藤利弘監督が脚本・監督を務めたヒューマンドラマです。 脳腫瘍が発覚した15歳の少女が、病魔に負けずに、夢を諦めずに懸命に生きていく姿を描いた作品です。 

出演者 

第13回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞し、次世代ガールズユニット「X21」でもリーダーとして活躍する女優・吉本実憂が、初となる映画出演でヒロインの本田遥を演じています。その他、ヒロインの母親を『いつかの、玄関たちと、』の女優の山村美智さん、父親を声優として有名な山寺宏一さんが演じています。その他、女優では、岩井七世さん、朝倉ふゆなさん、男優では鳥羽潤さん等が出演されています。 

あらすじ 

将来有望な短距離走者として期待されていた15歳の少女・本田遥は、ある日、練習中に強いめまいを起こしうずくまり、倒れてしまいます。そのまま病院へ向かった遥。精密検査の結果、なんと脳腫瘍を患っていることが判明し、入院生活を余儀なくされます。突然ランナーとしての夢を断たれた遥はショックを受けます。ですが、両親や主治医・加藤の励ましに支えられながら、厳しい治療にも耐え、懸命に前向きに生き抜こうとします。白血病と戦う友人・七海、病院で同室の未来ら友人の存在にも助けられます。若干15才ながらも厳しい運命に負けず、病に立ち向かうヒロインの姿が感動的です。 

見どころ 

この映画では、第13回全日本国民的美少女コンテストでグランプリになった女優の吉本実憂さんが映画初主演を果たしています。思いがけず病気を発症し、厳しい現実と向かいあうことになりますが、周囲の人たちに支えられながら闘病を続けます。辛い治療等、次々に訪れる試練を乗り越え、人生を諦めずに前に進んでいくヒロインの姿に感動と勇気をもらえる作品です。 

また、小児がんに焦点を当てており、近年注目を集めているセラピードッグを取り上げる等、繊細な描写や事実も盛り込まれており、小児がんの啓蒙的な作品にもなっています。 

主題歌 

ゆめはるかの主題歌は、少年カミカゼが歌う「ユメハルカ」という曲です。女性ボーカルの声がフレッシュな印象の、素敵なポップミュージックです。野原でシャボン玉の中で歌うPVも爽やかです。実は、ボーカルのSaCoさんや他のメンバーも映画に出演しています。 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*